YouTube向けのラウドネス最適化オプションを追加しました

YouTubeのラウドネスノーマライゼーション仕様に合わせて、音圧を最適化するためのオプションを、音圧爆上げくんのカスタムマスタリングに追加しました。

“目標音圧モード”オプション

目標音圧の基準計算方法を指定します。

target loudness mode option

ラウドネス (従来動作)

ITU-R BS.1770で定義されたラウドネスを目標音圧に合わせるようにリミッティングします。従来と同じ動作です。

YouTubeラウドネス

YouTubeラウドネスノーマライゼーションで使われているラウドネスの近似値を目標音圧に合わせるようにリミッティングします。近似計算式はYouTubeのラウドネスノーマライゼーションアルゴリズム調査に基づいて作られています。

調査によるとラウドネスノーマライゼーションの基準値は-10.3dBなので、実際の音圧は目標音圧から少し下がることを考慮して、目標音圧を-9dB程度に設定すると、ちょうどラウドネスノーマライゼーションが働くか働かないかのぎりぎりの音圧に設定できます。

YouTube向けにラウドネスを最適化するには?

こちらで追加された”Ceiling”オプションも合わせて、以下の設定でマスタリングすると、YouTube向けに最適化されたマスタリングを行えます。

“目標音圧モード”: “YouTubeラウドネス”

“目標音圧”: “-9dB”

“Ceiling モード”: “True Peak (15kHz Lowpass)”

“Ceiling”: “-0.5dB”

※ YouTubeラウドネスノーマライゼーションの基準値が-10.3dBに対して目標音圧が-9dBなのは、実際の音圧が目標音圧から少し下がるからです。

従来動作をさせるには?

以下の設定をすると従来動作をします。

“目標音圧基準”: “ラウドネス”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。