音圧爆上げくんに”Ceiling”オプションを追加しました

先日の音圧爆上げくんのアップデートで、Trueピーク(インターサンプルピーク)を基準にリミッティングするようにしましたが、用途によって普通のピークを基準にリミッティングしたい場合もあります。

そのための”Ceiling”オプションを音圧爆上げくんの”カスタムマスタリング”に追加しました。

“Ceiling”オプション

最大出力レベルを指定します。一般的なリミッターVSTプラグインのCeilingと同じものです。0dBFSが最大です。後の処理でエンコードが必要な場合は少し小さめの値にしておくと、エンコードによるクリッピングを予防できます。

“Ceiling モード”オプション

最大出力レベルの基準計算方法を指定します。一般的なリミッターVSTプラグインのオーバーサンプリングオプションやTrue Peak(インターサンプルピーク)オプションと同じものです。

Peak

Peakはいわゆる普通のピークで離散波形の振幅の最大値を基準とします。

True Peak

True Peakはインターサンプルピークで、離散波形を連続波形に変換した後の振幅の最大値を基準とします。

True Peak (15kHz Lowpass)

True Peak (15kHz Lowpass)は15kHzでローパスフィルタをかけた後のインターサンプルピークを基準とします。YouTubeの再エンコードによるピーク変化をシミュレーションできるので、YouTube用の音声を作る場合に最適です。

従来動作をさせるには?

以下のように設定すると従来と同じ動作をさせられます。

“Ceiling”: 0dBFS

“Ceiling モード”: “Peak”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。