日本のYouTube動画の音圧を分析しました

Japanese YouTube Loudness Histogram

日本のYouTube動画の音圧を分析しました。

YouTubeでは、ラウドネスノーマライゼーションが導入されています。YouTubeのラウドネスノーマライゼーションは、音圧が大きすぎる動画の音量を下げますが、音圧が小さすぎる動画の音量は上げません。

仮に、YouTubeに音圧が小さすぎる動画がたくさんあるとしたら、音質を損なわない範囲で音圧を上げることで、YouTube上で再生される音量を大きくできる可能性があります。

Question

YouTubeに音圧が小さすぎる動画はどのくらいあるのか?

前述の通りです。

YouTube動画の長さが長いと音圧は下がるのか?

長さが長くなると、偶然、波形のピークが大きくなる確率が高まります。リミッターを使っていれば、それらのピークを抑えられますが、リミッターを使っていない場合、長さが長くなるほど音圧が小さくなる可能性があります。

このことから、長さとラウドネスの関係を調べれば、リミッターが使われているかどうかを判断する材料になりそうです。長さとラウドネスに関係する要素は他にもあるので、これだけで判断はできませんが、一旦、長さと音圧の関係を調べてみます。

分析対象動画

A. 日本のトップYouTuber

「はじめしゃちょー(hajime)」チャンネルのほとんど全ての動画

B. 日本の音楽チャンネル

「Lantis Channel」チャンネルのほとんど全ての動画

C. 日本のTV局チャンネル

「AbemaTV公式 YouTube」チャンネルのほとんど全ての動画

※ 2018/12/08以前の動画

※ ほとんど全ての動画というのは解析に失敗したものがあるから

※ 動画一覧はAppendixに記載

分析指標

ラウドネス

音圧を表す指標です。ITU-R BS.1770-3で計算しました。

ラウドネスレンジ

ダイナミックレンジを表す指標です。EBU TECH 3342の窓長とオーバーラップ長を変更し計算しました。窓長0.4秒、オーバーラップ長0.3秒。

分析結果

ラウドネス

ラウドネス ヒストグラム

Japanese YouTube Loudness Histogram

ラウドネス 累積密度分布

Japanese YouTube Loudness CDF

ラウドネス 時系列

Japanese YouTube Loudness Time series

ラウドネスレンジ

ラウドネスレンジ ヒストグラム

Japanese YouTube Loudness Range Histogram

ラウドネスレンジ 累積密度分布

Japanese YouTube Loudness Range CDF

ラウドネスレンジ 時系列

Japanese YouTube Loudness Range Time Series

ラウドネスとラウドネスレンジの関係

ラウドネスvsラウドネスレンジ 散布図

YouTube Loudness vs Loudness Range

ラウドネスvsラウドネス 平均と標準偏差

Japanese YouTube Loudness vs Loudness Range error bar

長さ

長さ ヒストグラム

Japanese YouTube Length Histogram

長さ 累積密度分布

Japanese YouTube Length CDF

長さ 時系列

Japanese YouTube Length Time series

長さとラウドネスとの関係

長さvsラウドネス 散布図

Japanese YouTube Length vs Loudness

長さvsラウドネス 平均と標準偏差

Japanese YouTube Length vs Loudness error bar

考察

YouTubeに音圧が小さすぎる動画はどのくらいあるのか?

「ラウドネス 累積密度分布」を見ると、「ランティス」以外は、90%以上の動画のラウドネスが-14dB以下です。

今回使ったラウドネス計算式は、YouTubeのものと異なるので、これ以上はラウドネスノーマライゼーションがかかるというラインは示せませんが、こちらを参考にすると、-14dBは十分小さいと思うので、Lantis以外は音圧を上げれば、YouTube上で再生したときの音量が上がる可能性がありそうです。

YouTube動画の長さが長いと音圧は下がるのか?

「ラウドネスvs長さ 平均と標準偏差」によると、そのような事実はなさそうです。

Appendix

日本のYouTube動画分析結果 (tsv)

まとめ

日本のYouTube動画の音圧を分析しました。

「はるあん」はラウドネスノーマライゼーションに完全準拠したYouTuber!?

はるあん」は、ラウドネスノーマライゼーション完全準拠したYouTuberかもしれません。

ラウドネスノーマライゼーション完全準拠YouTuberとは?

YouTubeのラウドネスノーマライゼーション仕様を理解し、うまく利用しているYouTuberのことです。

ラウドネスノーマライゼーションとは?

YouTubeが自動的に動画間の音量を揃える機能です。

YouTube動画の右クリックメニューから“詳細統計情報”を見たことはありますか?

youtube video stats

この中の“Content loudness”に注目してください。この値は、YouTubeがラウドネスノーマライゼーションを行うときに基準にする値です。

“Content loudness”がプラスだとYouTubeによって音量が下げられます。マイナスだと音量はそのままです。

音に関する2つの事実

ラウドネスノーマライゼーションをうまく利用するには、以下の2つの事実が重要です。

A. 音圧と音質はトレードオフの関係にある

B. 音量が大きいほど良い音に聴こえる

ラウドネスノーマライゼーションをうまく利用する方法

YouTubeでは、ラウドネスノーマライゼーションがはたらくので、音圧をあげても音量が上がらなくなるポイントがあります。前述の”Content loudness”が0になるポイントです。

音圧と音質はトレードオフの関係にあるので、YouTubeで”Content loudness”が0以上になるように音圧を上げると、音量が上がらないので、音量が大きいほど良い音に聴こえる効果を得られずに、音質だけ下がります

なので、YouTubeに動画を上げるときの最適解は、“Content loudness”を0付近、または0以下にすることです。

はるあん動画の”Content loudness”

最近のはるあんの動画の”Content loudness”を見てみてください。どの動画も0dB付近にあると思います。

2018/12/02の動画 (“Content loudness” 0.0dB)

2018/09/23の動画 (“Content loudness” 0.0dB)

つまり、はるあんの動画は、YouTubeにおいて音圧と音質を最大限両立しているということです。意図せずこうなることは珍しいので、意図して行っているかもしれません。

しかし、少し前の動画では、“Content loudness”が0dBから乖離しています。

2018/05/25の動画 (“Content loudness” -1.7dB)

2017/11/12の動画 (“Content loudness” -8.5dB)

最近、ラウドネスノーマライゼーションに対応したのかもしれません。

まとめ

YouTuber「はるあん」がラウドネスノーマライゼーションに完全準拠しているかもしれない、という記事でした。

YouTuber用途やニュース用途であれば、YouTubeのラウドネスノーマライゼーション基準は十分低いので、今後、SEOのように対応するのが当たり前になるかもしれません。

YouTubeのラウドネスノーマライゼーションアルゴリズム

Estimated Weighting Curve Used for YouTube Loudness Normalization

YouTubeに最高音質の動画を上げるためには、YouTubeのラウドネスノーマライゼーション仕様を知る必要があります。

しかし、YouTubeのラウドネスノーマライゼーション仕様は公開されていません。すでに調査されている方もいますが、具体的な計算式まではわかっていません。

YouTubeのラウドネスノーマライゼーションの計算式を推定してみました。

YouTubeのラウドネスノーマライゼーション仕様

以下が調査結果のサマリーです。

ラウドネスノーマライゼーションは、ピークがクリッピングしない範囲で、できるだけ音源のラウドネスをラウドネス目標値に合わせる形で、行われる。

音源のラウドネスは、独自の仕様で計算されるが、EBU TECH 3341のShort-term loudnessのWeighting Curveを以下のものに差し替えて、Short-term loudnessの最大値を取ることで、1dB程度の精度で近似できる。

Estimated Weighting Curve Used for YouTube Loudness Normalization

調査方針

YouTubeのラウドネスノーマライゼーションの大枠の仕組みと、ラウドネス計算の詳細に分けて調査します。

YouTubeのラウドネスノーマライゼーションの大枠

こちらに参考にすると、おそらく以下のようになっていると思います。

YouTubeのラウドネスノーマライゼーションは、ピークがクリッピングしない範囲で、できるだけ音源のラウドネスをラウドネス目標値に合わせる形で行われる。式で書くと以下になります。

Compensation (dB) = Min(-Peak, Target – Loudness)

Peakは音源のピーク、Loudnessは音源のラウドネス、Targetは定数でラウドネス目標値、Compensationは補正ゲインを表します。全体の音量がCompensationの分だけ均一に変化します。

YouTube動画を右クリックし、詳細統計情報から見られるContent Loudnessは、Loudness – Targetに相当します。

YouTubeのラウドネス計算式

YouTubeのラウドネス計算式は、独自のものが使われているみたいです。なので、推測する必要があります。

ITU-R BS.1770-3を参考にし、以下のようなモデルを考えます。

イコライザー -> 窓で切り出し -> LUFSに変換 -> Gating -> Aggregation

イコライザー

イコライザーで周波数ごとに重み付けをします。

事前の実験で、ITU-R BS.1770-3で採用されているK-weightingや、その他のポピュラーなweightingが当てはまらなかったので、直接周波数特性を推定します。

窓で切り出し

波形をRect窓で切り出します。

窓長とオーバーラップ率がパラメータです。

参考に、ITU-R BS.1770-3とEBU TECH 3341のmomentaryとintegratedのパラメータは、窓長が400ms、オーバーラップ長が100ms(オーバーラップ率は75%)です。EBU TECH 3341のshort-term loudnessパラメータは、窓長が3秒、オーバーラップ長が2.9秒以上(オーバーラップ率は96.7%以上)です。

LUFSに変換

切り出した波形のRMSを計算し、Log10(RMS)でLUFSに変換します。

ステレオの1000Hz正弦波で0になるように補正もかけます。ITU-R BS.1770-3の場合の補正量は-0.691dBです。

Gating

ラウドネスに対する無音時間の影響をへらすために、切り出して得られた複数のRMS値の中で、音の小さいものを捨てます。

ITU-R BS.1770-3とEBU TECH 3342を参考にし、Absolute threshold gatingと、Relative threshold gatingを行います。

パラメータはそれぞれのThreshold値です。Gatingをしないパターンも試します。

参考に、ITU-R BS.1770-3とEBU TECH 3341のパラメータは、Absolute Thresholdが-70LKFS、Relative Thresholdが-10dBです。EBU TECH 3342のLoudness Range計算用のパラメータは、Absolute Thresholdが-70LKFS、Relative Thresholdが-20dBです。

Aggregation

Gatingで残った複数のRMS値の平均、または、最大値を取ります。

ITU-R BS.1770-3では平均を取りますが、こちらによると、Short-termの最大値を使っている可能性があるみたいです。

パラメータ推定に使うテスト動画

ラウドネス計算モデルのパラメータを推定するためのテスト動画を用意します。

こちらによると、ラウドネスノーマライゼーションは、ある程度の再生数が無いと適用されなかったり、投稿してからある程度時間が経たないと適用されなかったりする可能性があるらしいです。自前でテスト動画を用意せずに、十分な再生数があり、投稿してから十分な時間が経っている既存の動画をいくつか選び、テスト動画とします。

テスト動画の一覧はAppendixに記載しました。

イコライザーパラメータ推定

音量が一定の正弦波テスト動画を使うと、ラウドネスに対するイコライザー以外の影響を排除できます。これを使って、まずはイコライザーの周波数特性を推定します。

様々な周波数の正弦波音源に対して、YouTube上のContent Loudnessを計測し、音源のRMSとの差分を取ることで、周波数特性を推定します。推定結果は以下です。詳細なデータはAppendixをご覧ください。

Estimated Weighting Curve Used for YouTube Loudness Normalization

16kHz以上は、同じ周波数でも動画によって結果が異なるなど、結果が不安定だったので、以降の議論では、15kHz以下のデータのみ使います。44Hz以下と15kHz以上は、線形補間で外挿します。

イコライザー以外のパラメータ推定

次に、イコライザーの周波数特性を固定し、イコライザー以外のパラメータを推定します。

さまざまなパラメータでさまざまな動画のラウドネスを計算します。YouTubeが計算するラウドネス(Content Loudess)と比較し、誤差がもっとも少ないパラメータを探します。テスト動画一覧はAppendixに記載しました。

パラメータ一覧

パラメータ
窓長400ms, 3sec
オーバーラップ率75%, 96.7%
Absolute thresholdなし、-70LKFS
Relative thresholdなし、-10dB, -20dB
Aggregationmean, max

結果一覧

ParametersEstimated Target (LUFS)Error Stddev (dB)Error Max (dB)
abs threshold none, rel threshold none, window 0.4sec, overlap 75%, mean-16.154494085.5125536210.73290254
abs threshold none, rel threshold none, window 3sec, overlap 96.7%, mean-14.976814844.90827864611.91484089
abs threshold none, rel threshold -10dB, window 0.4sec, overlap 75%, mean-13.949879233.9543709897.389401665
abs threshold none, rel threshold -10dB, window 3sec, overlap 96.7%, mean-13.686847213.6840072747.647167492
abs threshold none, rel threshold -20dB, window 0.4sec, overlap 75%, mean-14.498314374.5312554069.145055115
abs threshold none, rel threshold -20dB, window 3sec, overlap 96.7%, mean-14.016606914.0487230579.667181199
abs threshold -70LUFS, rel threshold none, window 0.4sec, overlap 75%, mean-16.154494085.5125536210.73290254
abs threshold -70LUFS, rel threshold none, window 3sec, overlap 96.7%, mean-14.976814844.90827864611.91484089
abs threshold -70LUFS, rel threshold -10dB, window 0.4sec, overlap 75%, mean-13.892175143.9115433187.447105751
abs threshold -70LUFS, rel threshold -10dB, window 3sec, overlap 96.7%, mean-13.665658633.6660259727.668356069
abs threshold -70LUFS, rel threshold -20dB, window 0.4sec, overlap 75%, mean-14.471706544.523919589.171662946
abs threshold -70LUFS, rel threshold -20dB, window 3sec, overlap 96.7%, mean-14.005124264.0383895339.678663846
abs threshold none, rel threshold none, window 0.4sec, overlap 75%, max-8.9937215021.1069610212.968119771
abs threshold none, rel threshold none, window 3sec, overlap 96.7%, max-10.312464140.901435591.746039964
ITU-R BS.1770-3-10.3931764511.0314121233.14216451
RMS-13.0300789610.175618429.41685531

誤差がもっとも少ないパラメータの組み合わせは、窓長3秒、オーバーラップ率96.7%、Max Aggregationで、誤差の標準偏差は0.9dB、最大誤差は1.7dBでした。EBU TECH 3341のShort-term loudnessの最大値ですね。ラウドネス目標値は-10.3LUFSです。

以上で、YouTubeのラウドネス計算方法を推定できました。

Appendix

イコライザーパラメータ測定結果 (tsv)

イコライザー以外のパラメータ推定用データ (tsv)

参考文献

ITU-R BS.1770-3

EBU TECH 3341

EBU TECH 3342

Youtubeのラウドネスノーマライゼーションを検証してみた。

変更履歴

2018/12/09 計算ミスを修正しました (最新版)

2018/12/07 初版

まとめ

YouTubeのラウドネスノーマライゼーションの計算式を調べました。1dB程度の精度で近似できる式を見つけました。

Equalizer APOの使い方

Equalizer APOの使い方をご紹介します。

Equalizer APOは、PCで再生されるすべての音にオーディオ処理をかけられるWindows用ソフトです。オーディオ処理は、ボリューム、イコライザー、IR(インパルス応答)の畳み込み、VSTなどが使えます。

Equalizer APOをインストール

64bit Windowsをご利用の方は、こちらから64bit版をダウンロードし、インストールしてください。

※ 32bit Windowsをご利用の方は、こちらから32bit版をダウンロードしてください。

Equalizer APOの設定画面

Windowsのスタートメニューから、Equalizer APO 1.2 / Configuration Edtorを開いてください。

equalizer apo

Equalizer APOでイコライザーをかける

以下の画面の矢印部分で、イコライザーをかけられます。

equalizer apo equalizer

Equalizer APOで音量を変える

以下の画面の矢印部分で、ゲインを調整できます。イコライザーをかけるとカットだけだったとしても波形が変化してピークが飛び出るので、クリッピングを予防するためにゲインを下げておくと良いかもしれません。

equalizer apo gain

Equalizer APOでVSTを使う

クリッピングを防ぐために、リミッターをEqualizer APOの一番最後に挿してみます。

プラスアイコンをクリックします。Plugins / VST pluginを選んでください。

equalizer apo add vst

処理の一番最後にVSTの入れ物が追加されました。

equalizer apo vst

ファイルアイコンをクリックします。

equalizer apo open vst

VST選択画面が出るので、VSTファイル (拡張子 .dll)を選択してください。VST2のみ対応しています。ブリッジ機能はないので、Equalizer APOに合ったビット数のVSTのみ使えます。

equalizer apo choose vst

VSTをロードできました。

equalizer apo vst loaded

“Open panel”ボタンをクリックしてください。

equalizer apo vst open ui

UIが表示されます。DAWと異なり、”OK”ボタンか”Apply”ボタンを押さないと設定が反映されないので、ご注意ください。”Apply automatically”チェックをつけると、DAWと同様に設定が自動で反映されるようになります。

equalizer apo limiter

Equalizer APOの可能性

Equalizer APOはいろいろな使い道が考えられます。

YouTube動画の音がうるさいのでハイを削ってしまうとか、YouTube動画の音にばらつきが多いのでノーマライズするとか、映画のダイナミックレンジがご家庭で聴くには大きすぎるのでコンプレッションするとか、スピーカーの周波数特性補正や距離補正をするなどです。

Equalizer APOによってVSTの恩恵を音楽制作者だけでなく、ゲーマーやYouTube視聴者も受けられるようになりました。

まとめ

Equalizer APOの使い方をご紹介しました。

実は、Equalizer APOのことは、弊社のITDPanner VSTをスピーカー補正に使っているという、海外ユーザーの方に教えてもらいました。もしこんなVSTが欲しいなどあれば、教えてください!

iPhoneで動画を編集する

iPhoneで動画を編集する方法をご紹介します。今回は無料のiMovieで行います。

iPhoneの動画編集アプリiMovieをインストール

App StoreからiMovieをインストールします。

 

プロジェクトを作成する

起動すると左の画面になるので、プロジェクトタブでプラス記号を押してください。その後、ムービーを選択してください。

iMovie Project    iMovie Add Project

動画を読み込む

素材となる動画を選択します。複数選択可能です。

imovie add video before    imovie add video

動画をカットする

動画をタップすると左画像のような編集メニューが現れます。ハサミを選び、分割を選ぶと、右画像のように選択したポイントで動画をカットできます。

     iMovie Edit Cut After

動画を並び替える

動画を長押しするとドラッグ&ドロップで動画の順番を変えられます。

iMovie Edit Move

動画の音量を調節する

動画をタップで選択肢し、編集メニューでスピーカーを選択すると、音量調節できます。

iMovie Edit

動画を書き出す

画面左上の完了ボタンを押し、画面下の送るボタンを押すと、動画をさまざまなアプリへエクスポート可能になります。今回は、フォトライブラリに保存するので、ビデオを保存を選択してください。エクスポート設定を選択すると、エクスポートが開始されます。

iMovie Export  iMovie Send  iMovie Export Settings  iMovie Exporting  iMovie Exported

オーディオのクオリティを上げる (宣伝)

弊社の音圧爆上げくんを使うと、編集後の動画の音質をあげられます。iMovieで作った動画で試してみてください!

詳細はこちらをご覧ください。

まとめ

iPhoneで動画を編集する方法をご紹介しました。

動画編集の効率とできあがる動画の品質は、どのアプリを使うかによって大きく変わります。そのため、アプリ選びは重要です。

iMovie以外の動画編集アプリも後日ご紹介します。

FAQ – よくあるご質問

音圧爆上げくんのよくあるご質問をまとめました。

使い方を教えてください

ウェブサービス版はこちらをご覧ください。

スマホアプリ版はこちらをご覧ください。

料金を教えてください

音圧爆上げくん - 料金をご覧ください。

無料で使えますか?

ウェブサービス版は、制限はありますが無料でも使えます。詳しくは音圧爆上げくん - 料金をご覧ください。

スマホアプリ版は無料でご利用になれます。

スマホから使えますか?

ウェブサービス版より機能は少ないですが、動画のマスタリングに特化したスマホアプリ版があります。以下のApp Storeリンクからダウンロードしてください。使い方はこちらをご覧ください。

法人でも利用できますか?

利用可能です。

音圧爆上げくんからご登録ください。※ ただし利用人数分の登録が必要です

自動マスタリング機能を自社サービスに組み込めますか?

可能です。

APIや実行バイナリによる連携が可能です。詳細はお問い合わせください。

ノイズリダクションはできますか?

スマホアプリ版で可能です。

スマホアプリ版は以下のApp Storeリンクからダウンロード可能です。使い方はこちらをご覧ください。

カラオケ音源とボーカルのミキシングはできますか?

現状は対応していませんが、実装予定です。

ピッチ補正はできますか?

現状は対応していません。検討中です。

動画のマスタリングはできますか?

ウェブサービス版、スマホアプリ版ともに、可能です。

音圧爆上げくんに動画ファイルをアップロードしてください。動画の音声部分と映像部分を分離し、音声部分のみをマスタリングし、結合します。

動画をダウンロードする場合、通常のダウンロードボタンの代わりに、マスタリング結果画面に表示される動画の下のダウンロードボタンから、ダウンロードしてください。

アップロードされた音源は公開されますか?

公開されません。

アップロードされた音源は消えますか?

自動的に古いものから3日ほどで消えていきます。

クレジットカードを持っていなくても使えますか?

コンビニで購入可能なVプリカを使うと、クレジットカードなしでプレミアムプランにご契約できます。マスタリングごとのご購入も可能です。

PayPalでプレミアムプランに登録できますか?

できません。

実装を検討中です。

音圧爆上げくんの仕組みや内部アルゴリズムを知りたいです。

概要のみですが、こちらにまとめました。詳細はお問い合わせください。

JCBクレジットカードは使えませんか?

申し訳ありませんが、使えません。

マスタリングごとのご購入であればPayPalでの決済が可能です。コンビニで購入可能なVプリカを使うとプレミアムプランのご契約が可能です。

モノラルでマスタリングしたいです

現状は、モノラル音源をマスタリングすると、ステレオ音源に変換されて出力されます。モノラル音源で出力する機能を検討中です。

オーケストラなどダイナミックレンジの大きい曲もマスタリングしたいです

カスタム爆上げで目標音圧を低め(-12dBなど)に設定し、イメージに近い曲をリファレンス音源として指定すれば、ある程度対応可能です。

どのサンプリング周波数で出力できますか?

44.1kHz、48kHz、入力と同じ、から選べます。

共同研究の募集はありますか?

お問い合わせください。

デスクトップ版はありますか?

Windows版があります。

[ba_desktop_link]からダウンロードしてください。機能はウェブサービス版とほとんど同じですが、Windows版は指定したフォルダに書き出した音声ファイルを自動的に音圧爆上げくんへアップロードできる点が特徴です。

Chrome以外のブラウザ(Firefox, Internet Explorer, Safariなど)で利用できますか?

他のブラウザで動作する場合もありますが、原則、最新のChromeのみをサポートしています。他のブラウザをご利用の方は、お手数ですがこちらからChromeをインストールしてください。

無料で月2回以上マスタリングする方法はありますか?

お友達紹介プログラムでお友達を紹介すると、無料でマスタリングできるマスタリングチケットを獲得できます。詳細は、お友達紹介をご覧ください。(ログインが必要です)

アフィリエイトプログラムはありますか?

あります。詳細はこちらをご覧ください。

 

ブロックチェーン音楽ストリーミングサービスChoonを使ってトークンを稼ぐ方法

Choonを使って曲を配信しトークンを稼ぐ方法を紹介します。

Choonとは?

Choonは、音楽業界の課題を解決するために設計された、イーサリアムブロックチェーンによる、音楽ストリーミングサービスと、デジタル決済エコシステムです。

音楽業界には、アーティストからリスナーに音楽が届くまでの間にマージンを多く取られている、透明性が足りない、既存のストリーミングサービスが儲からない、業界の構造が古いなどの課題があります。

Choonはそれらの課題をブロックチェーンで解決します。詳細はホワイトペーパーをご覧ください。

無料で会員登録する

こちらから会員登録してください。※ 登録時、”I am an artist who wants to upload music”にチェックを入れてください。

音源をアップロードする

会員登録すると以下の画面に遷移します。”NEW TRACK”ボタンをクリックして音源アップロード画面に遷移します。

Audioの”Choose a file”から音源をアップロードします。

Artwork Imageからアートワーク用の画像をアップロードします。適当な画像がない場合はクレジット表記なしで画像を利用できるunsplashなどを利用すると良いと思います。

メタ情報を入力する

以下の情報を入力します。

Title: 曲のタイトル

Artist Name: アーティスト名

Release Date: リリース日

Description: 説明文

Tags: タグ

プレイリスト報酬を決める

Choonにはプレイリストを作る機能があります。”Playlist Split”は、プレイリスト経由で曲が再生されたときに、プレイリスト作成者に分ける報酬の割合です。報酬が欲しければ小さめの値、再生数を増やしたければ大きめの値が良いと思います。

報酬配分情報を入力する

Choonには、音源制作に複数の人(“Collaborator”)が関わった場合に、報酬をそれらの人の間で自動的に配分する機能があります。Contractタブから、報酬配分情報を入力してください。一人の場合はデフォルトのままでOKです。

保存

Saveすれば投稿完了です。

実際どのくらい稼げるのか?

実際にChoonに8曲投稿してみました。2018/09/16に最初の曲を投稿してから、2018/12/03時点で3,230 notesを稼ぎました。notesはChoonでやり取りされるトークンの名前です。1 notesの価値はまだわかりません。

まとめ

Choonを使って曲を配信しトークンを稼ぐ方法を紹介しました。

スマホで撮影した動画の音量&音質を上げるアプリをリリースしました!

この記事では、音圧爆上げくんのスマホアプリ版を使って、動画音声を自動でマスタリングする方法をご紹介します。

インストールは以下のApp Storeリンクから

背景

マスタリングとは?

マスタリングとは、音を整える作業です。マスタリングによって、聴きやすい音になり、迫力が出ます。かんたんにいうと、良い音になります。ダイナミックレンジ、周波数特性、音圧(ラウドネス)などを整えることで実現します。

音楽では、プロ、アマチュア問わず、曲をリリースする前にはほとんど必ず、マスタリングが行われています。動画では、市販の映画やテレビ番組ではおそらくマスタリングが行われていると思いますが、YouTubeにアップロードされている動画はマスタリングされていないものも多いと思います。テレビや映画の音とYouTubeの音を聴き比べてみると、特に、ノイズ量(による聴き取りづらさ)、声の音量差(による聴き取りづらさ)、動画間の音量差(による聴き取りづらさや、ボリュームを調節する手間)、に違いがあることがわかります。

動画では、マスタリングよりも、ミックス(ミキシング)、整音、MAという言葉のほうがポピュラーかもしれません。これらとマスタリングの違いはなんでしょうか?

かんたんに言うと、MAの中に、整音とミックスとマスタリングが含まれているイメージです。録音 -> MA(整音 -> ミックス -> マスタリング) -> 配信という流れです。これ以上は人によって意見がことなる可能性があるので、深入りしません。※ 音楽でも、ミックスとマスタリングの境界は曖昧です。

スマホで動画を撮影、編集、アップロードできる時代

すでにApp Storeには便利な動画編集アプリがいっぱいあります。それらのアプリを組み合わせると、スマホで動画を手軽に撮影、編集、アップロードまで行えるようになりました。

さらに、音圧爆上げくんを組み合わせると、動画音声のマスタリングも自動で行えます。今までよりも音を聴き取りやすい動画を作れるようになることが、期待できます。

※ 音圧爆上げくんは、以前から作曲者向けに提供している自動マスタリングウェブサービスです。スマホアプリ版よりも本格的なマスタリングが可能なので、こちらも興味があればぜひ。

音圧爆上げくんスマホアプリ版の特徴

自動マスタリング

入力された音源にあわせて、自動でマスタリングします。

ノイズリダクション

録音で入ってしまったノイズをカットします。

YouTube最適化

YouTubeのラウドネスノーマライゼーション仕様に合わせて、音量を最適なレベルに調整します。

iPhoneで動画の音声をマスタリングする方法

アプリをインストールする

App Storeからアプリをインストールしてください。

無料で会員登録する

音圧爆上げくんは会員登録必須のアプリです。Google、Twitter、Githubによるソーシャルログインか、メールアドレスとパスワードで会員登録してください。スマホアプリ版とウェブサービス版でアカウントは共有されるので、すでにウェブサービス版で会員登録されている方は、同じIDでログイン可能です。

利用規約に同意し、メールアドレスを登録する

会員登録が完了すると、以下の画面に遷移するので、メールアドレスの登録と利用規約の確認を行います。

メールアドレス入力欄にはデフォルトで、ログイン時に使ったメールアドレスが入力されています。問題なければそのままOKを押してください。万が一入力されていない場合や変更したい場合は、入力後、OKを押してください。

動画をアップロードする

iPhoneの写真(フォトライブラリ)に保存されている動画をアップロードします。ログイン後の画面で、新規ボタンを押してください。※ 動画は公開されません。3日程度で古いものから削除されます。

マスタリング完了を待つ

動画がアップロードされると、サーバーでマスタリング処理が開始されます。最終的に、動画エンコードが完了するまでお待ちください。

動画をダウンロードする

ダウンロードボタンをクリックし、マスタリング後の動画をダウンロードしてください。

使い方は以上です。

使い方のコツ

動画編集の前処理(整音)として使う

動画編集前の元素材に音圧爆上げくんを使う方法です。

iPhoneの標準マイクで録音するとノイズが入ることが多いと思います。動画編集前に音圧爆上げくんを通すことで、ノイズを削減できます。音量も揃えられるので、動画編集の素材として扱いやすくなります。

動画編集後の仕上げ(マスタリング)として使う

動画編集でBGMや効果音をつけたあとに、アップロード前の仕上げとして音圧爆上げくんを使う方法です。

全体的にクオリティをあげられます。

FAQ

ラウドネスノーマライゼーションとは?

ラウドネスノーマライゼーションは、動画の音量を一定に揃える機能です。動画間の音量差が減るので、ユーザーが動画を切り替えるたびにボリュームを調整しなくてもよくなります。

YouTubeにもラウドネスノーマライゼーションは導入されています。しかし、YouTubeでは元動画の音量が小さすぎる場合、ラウドネスノーマライゼーション後の音量も小さいままになります。そのような動画はトップYouTuberの動画にも多いです。

音圧爆上げくんを使うと、YouTubeで再生したときの音量が、他の動画を比較して小さくならないように最適化します。YouTubeで自分の動画が他の動画と比べて迫力に欠ける、ということを防げます。

YouTubeにはすでにラウドネスノーマライゼーションが導入されています。いまさら音圧をあげる意味はあるのでしょうか?

ラウドネスノーマライゼーションのレベルに合わせた、最低限の音圧を確保する必要はありますが、それ以上の音圧を追求する必要はありません。

しかし、YouTubeの動画音声を解析した結果、YouTubeの動画は最低限の音圧に到達していないものも少なくありませんでした。音圧爆上げくんで最低限の音圧をかんたんに確保すると、周囲と比較して遜色ない音になります。 ※ 調査結果は別途まとめてご報告します。

音圧と音質はトレードオフになっているので、ラウドネスノーマライゼーションによる音量減少が発生するぎりぎりの音圧を狙うのが最適です。そのため、音圧爆上げくんのスマホアプリ版の音圧設定は、ウェブサービス版と比較して低めに設定してあります。

音圧爆上げくんを使うと、最低限の音圧であれば、音質とのトレードオフをほとんど考えずに、音圧を上げられます。

音量が上がりすぎて音が割れることはありますか?

音圧爆上げくんはリミッターという音割れを防止する仕組みを搭載しています。音圧爆上げくんのリミッターは、音が割れたかどうかをチェックしながら音量を上げるので、ごく稀に音割れすることがありますが、ほとんどの場合は音割れしません。

ただし、再エンコードによって音割れする場合があるのでご注意ください。再エンコードとは、mp4形式などでエンコードされている動画を一度デコードし、再度エンコードすることです。これにより、音声波形の形が変わりピークが飛び出ることで音が歪むことがあります。

再エンコードは、動画編集や動画サイトへのアップロード時に行われます。音圧爆上げくんでは再エンコードによる音割れを予防するために、ピークに少しだけ余裕を持たせていますが、再エンコードによってどのくらいピークが飛び出るかは、再エンコードの設定や元の音源によって大きく変わります。

動画アップロード後に音割れした場合は、アップロードしたサイト(YouTubeなど)を教えていただければ、対応します。

他の動画編集アプリとの差はなんですか?

音圧爆上げくんと他の動画編集アプリの差は、音圧爆上げくんが音に特化しているところです。音に特化している代わりに動画編集ができないので、他の動画編集アプリと併用すると良いと思います。

iPhoneで使える動画編集アプリとの比較表です。

 音圧爆上げくんPremiere RushPremiere ClipiMovieInShotVivaVideo
対応環境iPhone, PCiPhone, iPad, PC (Premiere)iPhone, iPad, Android, PC (Premiere)iPhone, iPad, PCiPhone, iPad, AndroidiPhone, iPad, Android
自動マスタリングoxxxxx
全体の音量調整 (YouTube最適化)oxxxxx
ダイナミックレンジ調整oo (サウンドのバランス)xxxx
ノイズリダクションooxxxx
エコーリダクションxoxxxx
スピーチ強調xoxxxx
クリップ間の音量調整N/Ao (自動ボリューム)o (スマートボリューム)xxx
ダッキングN/Aoxxxx
動画編集xooooo
販売元当社AdobeAdobeAppleInstaShot Inc.QuVideo Inc.

※ PCで使えるアプリも含まれますが、スマホ版の機能で比較しています。xは機能を表面上確認できなかったという意味です。暗黙に実装されている可能性もあります。

課金されますか?

スマホアプリ版は無料です。ウェブサービス版は一部有料です。ウェブサービス版の詳細は、音圧爆上げくんをご覧ください。

ウェブサービス版との違いはなんですか?

アプリ版は機能をシンプルにして動画に特化しています。ウェブサービス版は汎用で、音楽制作と動画制作用途の両方に使えます。ユーザーアカウントは共有されているので、同一IDでアプリ版とウェブサービス版の両方にログイン可能です。アプリ版でアップロードした動画をウェブサービス版からダウンロードすることも可能です。料金は、アプリ版は全て無料、ウェブサービス版は一部無料で一部有料です。

ウェブサービス版の詳細は音圧爆上げくんをご覧ください。

iPad版はありますか?

開発中です。

Android版はありますか?

開発中です。

サーバーにアップロードされた音源は公開されますか?

公開されません。

サーバーにアップロードされた音源は削除されますか?

古いものから3日程度で削除されます。

通信は発生しますか?

サーバー上で動画を処理するので通信量が多いです。Wifi環境でご利用ください。

通信をせずにローカルだけで処理するバージョンはありますか?

現状はありません。検討中です。

 

※ この記事の情報は2018/12/02時点のものであり、最新の情報と異なる場合があります。最新情報は、音圧爆上げくん、または、App Storeをご覧ください。

音圧爆上げくんのアフィリエイトプログラムへの参加方法

この記事では、アフィリエイター(アフィリエイトマーケター)の方向けに、音圧爆上げくんのアフィリエイトプログラムに無料で参加する方法をご紹介します。

音圧爆上げくんとは?

音圧爆上げくんは、自動オンラインオーディオマスタリングサービスです。

マスタリングとは、音を整える作業です。音楽制作や動画制作で必要になります。マスタリングを行うと、音が聴こえやすくなったり、迫力が出て印象が良くなったりします。

音圧爆上げくんを使うと、ワンタッチでマスタリングを行えます。

アフィリエイトプログラム概要

音圧爆上げくんのアフィリエイトプログラムに参加すると、音圧爆上げくんの新規会員登録や新規プレミアムプラン登録を紹介したときに、アフィリエイト報酬を受け取れます。

アフィリエイトプログラムへの参加は無料です。

アフィリエイトは、ASP(Affiliate Service Provider)を利用せずに自前で提供しているので、ASPによるマージンが無いことが特徴です。

アフィリエイトプログラム報酬

新規会員登録を紹介したときは$0.05、新規プレミアムプラン登録を紹介したときは$15のアフィリエイト報酬が発生します。報酬発生条件は、お友達紹介と同じです。詳細はそちらをご覧ください。(ログインが必要です)

アフィリエイトプログラム参加方法

音圧爆上げくんで無料会員登録をする

音圧爆上げくんのアフィリエイトプログラムは、アフィリエイトネットワークを利用しないので、音圧爆上げくんのアカウントでアフィリエイト報酬の管理を行います。こちらから無料会員登録を行なってください。

もし、会員登録の方法がわからない場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

メールで参加申請をする

以下の内容のメールをbakuagekun@gmail.comに送ってください。参加には、アフィリエイトプログラム利用規約への同意が必要です。

PayPal口座についてはこちらをご覧ください。

To: bakuagekun@gmail.com
件名: 音圧爆上げくんアフィリエイトプログラム参加申請
内容:

私は、https://bakuage.com/affiliate/terms_of_service/ を確認し同意した上で、
音圧爆上げくんのアフィリエイトプログラムに参加を申し込みます。
以下、申請情報です。

音圧爆上げくんに登録したメールアドレス: (入力してください)
報酬受取口座タイプ: PayPal口座/日本の銀行口座 (どちらか片方を選んでください)

## PayPal口座を選んだ場合
PayPal口座のメールアドレス、または、PayPal.Meのアドレス: (入力してください)

## 日本の銀行口座を選んだ場合
銀行名: (入力してください)
支店名: (入力してください)
支店コード: (入力してください)
口座種別: (入力してください)
口座番号: (入力してください)
名義: (入力してください)

以上、よろしくお願いします。

※ メールを送信した時点で、アフィリエイトプログラム利用規約に同意したものとみなされます。

承認を待つ

送っていただいたメールアドレスに対応する音圧爆上げくんのアカウントで、アフィリエイトプログラムを有効にしたあと、メールでご返信します。少々お待ちください。

アフィリエイト用の紹介URLを取得し、ブログなどに貼る

アフィリエイトプログラムからアフィリエイト用の紹介URLを取得し、ブログなどに貼ります。紹介には、後述のアフィリエイトプログラム用素材も使用可能です。

レポートを確認する

アフィリエイトプログラムからレポートを確認できます。ただし、1件以上の紹介がないと表示されません。

アフィリエイトプログラム用の素材

以下の記事に掲載されている素材はアフィリエイト目的で自由に加工して利用していただいて構いません。

アフィリエイトプログラム用素材集

FAQ

お友達紹介との違いはなんですか?

お友達紹介と報酬付与条件は同じですが、報酬の内容が異なります。アフィリエイトプログラムの参加者は、報酬付与条件が満たされたときに、お友達紹介の報酬に加えて、アフィリエイト報酬を受け取れます。報酬発生条件などの詳細は、お友達紹介をご覧ください。(ログインが必要です)

プレミアムプランの報酬は、ユーザーが継続利用した場合、初回以降も毎月受け取れますか?

受け取れません。紹介時のみ報酬が付与されます。

まとめ

音圧爆上げくんのアフィリエイトプログラムに参加する方法をご紹介しました。